ソーシャルメディアポリシー

名古屋美容専門学校では、教職員、学生、並びに関係者(以下、「関係者」という)がソーシャルメディアを活用するにあたり、名古屋美容専門学校の行動規範を遵守し、以下に定める姿勢・行動や基本ポリシーを守るものとします。



名古屋美容専門学校のソーシャルメディアの定義
ソーシャルメディアとは、インターネットにおいてウェブ技術を利用して「サービスの利用者自身が情報を発信し、コミュニケーション、及びコンテンツを形成していくメディア」と定義します。
(例)blog・Twitter・Line・Facebook・その他SNS・電子掲示板・電子メールなど




【基本ポリシー】
名古屋美容専門学校は、ソーシャルメディアを活用するにあたり、各種法令を遵守し、良識ある教育機関、及び社会人としての適切な情報発信、並びに透明性の高いコミュニケーションの実現をめざします。

1:関係者は、社会的立場をわきまえ、常に良識ある発言・投稿を心がけます。
  学生の利用にあたっては、注意事項を定め、学生に対して自覚を喚起します。

2:相手の発言に対し傾聴の姿勢を忘れません。

3:情報発信や対応に責任をもち、誤解を与えないように注意します。

4:個人情報を含む内容・名誉・著作権など、個人の権利や
  人権を侵害することのないよう細心の注意を払います。

5:関係者、及び名古屋美容専門学校の機密情報を許可なく公開しません。

6:一度公開した情報は、完全には削除できないことを理解・認識します。

7:違法性のあるコンテンツ、誹謗・中傷、差別的表現を含む発言・投稿を行いません。

8:誠実な態度で向き合い、透明性の維持を意識しながら行動します。

9:名古屋美容専門学校は、ソーシャルメディアを利用することにより、本学園の教育や
  経験を広く社会に還元し、教育を求める個人や団体の成長に貢献いたします。




【学生への注意事項】
学生は、ソーシャルメディアを利用する際は次の点に注意してください。

1:日本国のみでなく、留学先・渡航先の法令を含む法令や公序良俗、又はアルバイト先や
  インターンシップ先での守秘義務に反する情報はもちろん、虚偽情報や不正確な情報は
  発信しないよう努めてください。なお、誤った情報を発信した際は、素早く訂正しましょう。

2:情報発信に際しては、あなたの友人などを含めた他者のプライバシーや権利
  (著作権、知的所有権、肖像権など)を侵害しないよう細心の注意を払いましょう。

3:学生という"学問の場"に身を置き、これからの社会を担っていく立場の人間として、
  良識と品位のある発言・投稿を心掛け、発信した情報には責任を持ちましょう。
  インターネット上にプライベートな空間はなく、一度発信した情報は、将来まで
  影響が残る可能性があることを自覚してください。

4:インターネット上によるコミュニケーションであっても、他者に敬意を払うことは忘れず、
  人種や性差、身体的特徴などによる差別的な発言、わいせつな発言、偏った批判、
  過度な宣伝・勧誘などで、閲覧者に不快な思いをさせないように気を付けましょう。
  他者の意見・多様性を尊重し、誤解を与えるような情報発信は控えてください。

5:自分の身は自分で守ることが重要です。個人情報を登録・公開をする際は、
  その安全性や必要性を十分に検討の上で行い、自分のアカウントを奪われて、
  なりすましや悪用をされないようパスワードの更新を定期的に行ってください。
  また、GPS機能のついたデジカメやスマートフォンで撮影した写真には、
  位置情報が埋め込まれるようになっており、投稿状態によっては写真掲載のみで、
  いつどこで何をしたかというプライベート情報が筒抜けになってしまいますので、注意してください。





【トラブルの例】
上記注意事項を守らないソーシャルメディアの安易な利用は、次のようなトラブル、
結果を招くことがあることを考慮してください。


1:未成年飲酒・喫煙、イッキ飲み、交通機関の不正乗車、賭博麻雀、カンニングを告白。
  →そもそもこれらの行為は許されるものではありません。法的処分の対象になりうる他、
  学内でも処罰の対象となります。また、所属団体や家族にも影響を及ぼすおそれがあります。

2:アルバイト先での機密情報を暴露。
  →企業に不利益を与えた場合、損害賠償を求められるおそれがあります。
3:就職内定先企業への侮辱的な発言。
  →内定はあくまで内定であり、こういった行動は、内定取消を招くおそれがあります。
4:○○君は今日、××で飲み会」など、友人の交友関係を無断で投稿。
  →人間関係の悪化や思わぬトラブルを生むおそれがあります。
5:ニュースなどに対する偏った思想のつぶやきや、侮辱的・わいせつな書き込み。
  →たとえ個人的なページでの発信であっても、自分とは関係のない場所で取り上げられ、
   炎上・いやがらせなどの事態を招くことがあります。
6:悪質なデマや不正確な情報の発信。
  →軽い冗談のつもりでも、大きな社会問題となった事例もあります。
7:他者のケータイや自分の管理外のパソコンを使って、SNSにログイン。
  →盗み見や「ログインしたまま」の状態で放置してしまうことで、アカウント情報の漏えいにつながり、
   悪用されるおそれがあります。
8:万が一、個人情報漏えいや炎上などのトラブルが発生した場合。
  →すぐに名古屋美容専門学校・SNS相談窓口に届け出てください。




【ご利用のみなさまへ】
ソーシャルメディアにおいて発信する情報は、ソーシャルメディアの持っている特性上、
すべてを確認してから発信するものではありませんので、後日訂正させていただくことがあります。
予めご了承ください。また、アカウントによりコミュニケーション方法(情報配信時間・内容・返答方法・返答可否)が異なります。




【お問い合わせ】

名古屋美容専門学校の公式ソーシャルメディアアカウントに関するお問い合わせは、下記へお寄せください。
→名古屋美容専門学校・SNS相談窓口




【名古屋美容専門学校 公式アカウント】
名古屋美容専門学校が活用している公式のホームページ・ソーシャルメディアアカウント一覧
◎ 公式ホームページ(www.nagoyabiyo.ac.jp
◎ twitter:@nagoyabiyo (https://twitter.com/nagoyabiyo
◎ Facebook:nagoyabiyo(https://www.facebook.com/nagoyabiyo
◎ LINE@:@nagoyabiyo(http://lineat.jp/nagoyabiyo

本校の個人情報に関する お問い合わせ窓口
名古屋美容専門学校 個人情報保護 事務局 宛
〒456-0002 名古屋市熱田区金山町1-8-10
TEL. 052-678-3911 FAX. 052-678-3922 E-mail. info-beauty@asu.ac.jp